春です!「サクラマス」

4月も中旬に入り、雪解けもだいぶ進んだ札幌。

今日は春色のお魚を紹介します。

「サクラマス」です

「サクラマス」はサケのお仲間で、日本海やオホーツク海に広く分布しているお魚。

産まれて1~2年は川で暮らし、その後、海へ下りるそうです。そして、海で1年程度過ごした後、産まれた川に遡上(そじょう)して産卵するのだそう。

また、海へ行かずに河川で一生過ごすものは「ヤマメ」と呼ばれ、姿形もまったく違うんだとか。

北海道せたな産です

「サクラマス」は漢字だと「桜鱒」。産卵期が近づくと体が桜色になることや、桜の咲く頃に多く取れることなどが名前の由来なんだとか。

市場では「本マス」の名で親しまれています。こちらは北海道乙部から

食べ方は、塩焼きや刺身(酢締め)、ルイベ、煮付け、フライ、ムニエルなどなど。

「平凡だけど、やっぱり塩焼きが一番かな~」とは、卸売業者さん。程良い甘さと脂が乗った身は絶品だそうです。

また、酢との相性の良さは抜群で、発酵させずに酢で味付けをした「鱒寿司(ますずし)」は富山県の郷土料理として有名ですね。

「鱒寿司」は駅弁としても人気が高いのだそう

北海道の桜の開花は、まだもう少し時間がかかりそうです。。。

ぜひ、「サクラマス」で一足早く「桜」を味わってみてください!

kai 。

Comments are closed.