十勝から春の便り!「越冬春ネギ」が初入荷です

青空が広がった4月20日、北海道十勝から「春」が届きました。

「越冬春ネギ」!札内産

「越冬春ネギ」は、成長した長ネギを雪の下で寝かせて熟成したもの。冬の寒さを乗り越え、雪の下でじっくり育てられた「春ネギ」は柔らかく、深みのある甘さになるのだとか。

早出し分は、雪解け後、トンネル型にビニールをかけて地上に出ている部分の成長を促すのだそうです。

土深くに根を張り巡らす長ネギの収穫はとても大変とのこと。すべて手作業のため、一度にたくさんの量は出荷できないので、ビニールをかける時期をずらして、安定的に出荷するよう工夫しているのだそうです。

生産者の手間暇・愛情がたっぷりです

競りでは注目を浴びていました

「甘いから、そのまま焼いて食べても絶品だよ!バター炒めもお勧めかな~」とは卸売業者さん。

ぜひ、「越冬春ネギ」で「春」を感じてみてください!

kai 。

Comments are closed.