ホタルイカ

水産の競り場を歩いていたら、おいしそうな小さい「イカ」たちを見つけました。

富山県産「ホタルイカ」です

「ホタルイカ」は全身が青白く光るイカ。

もともと、地元ではマツイカと呼ばれていたそうですが、ホタルのように美しい発光をするイカであることから「ホタルイカ」と名付けられたのだとか。

日本海を中心に分布しており、水深200~600mくらいのところに生息しているのだそうです。

春になると産卵のため富山湾の岸近くまで集まってくるそうで、漁で見られる群れをなしたホタルイカが海面に放つ光は、宝石のように美しく、春の風物詩なのだとか。

富山県の「さかな」に指定されていて、同県滑川市には「ほたるいかミュージアム」もあります。

食べ方はつくだ煮、酢みそあえ、沖漬けがお勧めとのこと。

お酒が進みそうですね~

kai。

 

Comments are closed.