和歌山県みなべから「青梅」が入荷しました

やっと暖かくなってきた札幌。

清田区平岡公園の梅林は、少し見ごろを過ぎたようですが、本日、JAみなべいなみから「青梅」が初入荷しました。

ほのかな香りとともに、ひときわ鮮やかな緑色の果実が登場。

例年よりも、半月ほど早い入荷に、「本州は暖かいんだな~」なんていう声も。。。。。。

品種は、梅酒や梅ジュースなどに最適な「古城(ごじろ)梅」と「みなべ1号」。

梅のトップブランドとされる「南高梅」も、これから後を追って入荷とのことです。

早速、関係者の注目を受けて競りが始まり、次から次へと引き取られていきました。

梅に含まれるクエン酸は、疲労回復や殺菌効果があり、昔から病気予防に使われてきたそうで、「梅はその日の難のがれ」なんていうことわざも。

「朝、梅を食べれば、その日一日、災難から逃れられるんだ!」と、青果の競り場に会話の花も咲かせてくれました。

Comments are closed.