JAふらのから「黒小玉すいか」が入荷しました

強い日差しが照りつけるようになった札幌。

青果の競り場は、初入荷する「メロン」が試食として用意され、その鮮やかなオレンジ色が関係者の目を引いています。

そんな中、本日(平成25年6月13日)、道内産スイカが入荷し、盛大に初競りが行われました。

入荷したのは、JAふらの「黒小玉すいか」。名前のとおり小玉で黒いのが特徴です。

直径は15センチほどで、ご家庭の冷蔵庫にスッポリ入り、食べやすいことから人気上昇中なのだとか。

生産地は、四方が山々に囲まれた富良野麓郷(ろくごう)地区。盆地特有の夜間の冷え込みが、糖分をたっぷり蓄積させ、特別に甘い逸品に育つのだそう。

皮が真っ黒でも、実は真っ赤!

糖度は実に12度ほどと、ジューシーな果肉が抜群に甘いのだそうです。

「みずみずしい~」、「甘い~、よい出来だね!」、「暑い日にはスイカだよね!」なんて、今日も青果の競り場に会話の花を咲かせてくれました。

ドラマ「北の国から」で有名な地、麓郷からの贈り物。

冷たく冷やして、ギュッと締まったシャリシャリの甘い果肉を堪能してみてはいかがでしょう!

Comments are closed.