JAきたそらちから「暑寒メロン」が入荷しました

寒い日が続いた春先の天候が気になる中、今年も4月末から当市場に入荷し始めた道内産メロン。

本日(6月21日)、ひときわ関係者の目を引くメロンが入荷しました。

それは、JAきたそらちの「暑寒メロン」。

このメロンは、北海道では珍しい青肉メロンなのです。

産地である雨竜町は、暑寒別天売焼尻公園内にある”雨竜沼湿原”の玄関口。

その「暑寒」の名称をとって名付けられた町の特産品だそうです。

日持ちの良さと、さわやかな甘さ、糖度が自慢のこのメロン。

そんなこともあって根強い人気があるのだとか。

一足早くお目見えの赤肉メロンと青肉メロンが当市場にそろい組み。

当市場に本格的なメロンの季節がやってきたようです。

「滑らかな口当たりだ!」、 「糖度も十分だよ~」と、今日の青果棟での話題を独り占めしていました。

関係者が見守る中、次から次へと競り落とされていましたよ。

入荷は、8月ぐらいまでとのこと。ぜひ、ご賞味ください。

Comments are closed.