JAようていから「ようていメロン」初入荷!

6月25日、JAようていから「ようていメロン」が当市場に初入荷しました。

北海道後志支庁管内の南西部に位置するJAようてい地区は、羊蹄山の伏流水が染みわたり、肥沃(ひよく)な大地が広がる農業の一大産地。

羊蹄山麓特有の昼夜の寒暖差が、甘くておいしい「ようていメロン」を育てるのだそうです。

試食にも次々と手が伸びて、あっという間になくなっていました。

卸売業者さんは、試食用メロンの追加も

表皮ギリギリまで果肉が広がっている「ようていメロン」の品種は、赤肉のルピアレッド。

常温で少し置いて、追熟させるのがおいしく食べるポイントなのだそうです。

競りの様子(動画:2.7MB)

「つるがしおれてきて、全体に弾力が感じられるようになったら食べごろだよ!」と、小売業者さんに教えてもらいました。

食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やして食べると、より一層おいしいそうです。

入荷は10月下旬までです。

ぜひ!

Comments are closed.