JA月形町から「月」と「ゴジラ」がやってきた!

久しぶりに青果の競り場を歩いていたら、ユニークなネーミングのメロンやスイカたちがたくさん入荷していました。

今回ご紹介するのは、JA月形町から顔を見せてくれたメロンとスイカの3連発!

まずは、「月雫(つきのしずく)」。

北海道では珍しい青肉のメロン。

糖度は17度以上で甘さは抜群。にもかかわらず、しつこさのないさっぱりとした甘さと滑らかな舌触りが人気です。

次は、怪獣・・・

「ゴジラのたまご」です。

ラグビーボールのような楕円形の大型スイカは、まるで恐竜の卵のよう。。。

生産量がとても少なく、貴重なスイカです!

最後は、大きなまあるい月とうさぎの箱が目を引くスイカ「おつきさま」。

黒皮の大玉で、果肉は鮮やかな黄色のクリームスイカ。

こちらも生産量が少なく、なかなか手に入らないスイカだそうです。

寝苦しい夜は、「月」でも眺めながら、「ゴジラ」を食べると涼しくなるかも?

kai。

Comments are closed.