「ハナサキガニ」入荷しています

水産の競り場を歩いていたら、「ハナサキガニ」を見つけました。

甲羅がハート型の「ハナサキガニ」は、殻が固く、甲羅や脚など体中にたくさんのトゲがあるのが特徴。

名前に「カニ」と付いていますが、ヤドカリのお仲間なのだそう。

北海道根室産

「ハナサキ」の名前の由来は、主な漁獲地である根室の地名「花咲」に由来する説や、熱を加えると鮮やかな朱色に変わり、花が咲いたように見えることから付いたとする説などが有力だそうです。

また、昆布の生えている海域にも生息することから、「コンブガニ」と呼ばれることも。

主に北海道のえりも岬から納沙布岬にかけての太平洋と根室半島北側のオホーツク海に分布し、沿岸近くの浅瀬に生息するのだそうです。

塩ゆでにしたり、煮て食べるのが一般的だそうですが、「ぶつ切りにして、みそ味仕立てにした鉄砲汁が絶品でお勧めだよ!」とは、仲卸業者さん。

夏から秋にかけてが漁期とのことです。ぜひ!

Comments are closed.