JA新しのつから「タマネギ」が入荷しました

本日(平成25年7月25日)、JA新しのつから「タマネギ」が道内産の先陣を切って、当市場に入荷しました。

今年は、春先の低温や日照不足により、生育に遅れがありましたが、7月以降の天候の回復もあって、例年とさほど変わらない出荷にこぎつけたとのことです。

道内産タマネギの初入荷ということで、生産者の皆さんも見守る中、盛大に競りが行われました。

新篠津村のタマネギは、泥炭地という特徴を生かして、水分の多い、ふわっとした甘みのあるのが特徴。

露地に被覆資材を使用して、地温効果と前進栽培による早出し出荷を行っており、手掘りでの収穫を行っているのだそうです。

品種は「収太郎(しゅうたろう)」

そして、減農薬栽培にもこだわっており、「北のクリーン農作物表示制度」の栽培基準を満たした農作物だけに承認される

「YES!clean」の認定タマネギです!!

「この甘さを楽しむなら、1玉まるごと、ホイル焼きがおすすめだよ!」とは、小売業者さん。

皮をむき、縦に切れ目を入れて、アルミホイルに包んで、オーブンに入れるだけで、おいしく食べれるそうです。

8月頃まで出荷されるとのこと。

ぜひ、その甘さ、堪能してみてはいかかでしょう。

Comments are closed.