スルメイカ!

夏ですね~。

ということで、今回ご紹介するのは「スルメイカ」です。

写真は北海道盃産

「スルメイカ」は筒型で中央部がやや太く、後方からだんだん細くなって、先端はとがっています。

生まれた時期の違いから、秋生まれ、冬生まれ、夏生まれの3系群に分けられるのだそうです。

夏が旬のイカなので、別名「夏イカ」。「マイカ」や「バライカ」とも呼ばれます。

お刺身で食べるのが一般的ですが、「お勧めはイカそうめんかな~」とは、小売業者さん。

身が透き通った新鮮なものを細作りにして、しょうゆや麺つゆで食べるイカそうめんは絶品なのだそうです。

加工品も多く、スルメや塩辛、松前漬けなどに幅広く利用されています。

また、北海道函館市では「イカ」が市の魚に選ばれており、市民や観光客に親しまれているのだそう。

この時季、お勧めですよ!

Comments are closed.