北海道サーモン協会主催の市場見学と料理教室を開催しました

8月3日に北海道サーモン協会主催、札幌市中央卸売市場水産協議会協賛で市場見学と料理教室を開催しました。

このイベントは、北海道の伝統的な食材である鮭(サケ)の生態や調理方法などを学び、理解を深めていただくことを目的として開催されたもの。26名の親子の皆さんが参加してくださいました。

市場の紹介ビデオを見た後、施設の見学へ。

展示室で市場の仕組みや市場で扱う生鮮食料品の情報などを知っていただきました。

そして、「料理教室」です。

講師は、「ハーブ&クッキングルームKINA」の大澄かほる先生です。大澄先生は、野菜ソムリエ&ハーブインストラクターとして、多彩な活動をしています。

親子で作れる手軽なレシピを教えてくださいました。鮭には、高い抗酸化作用を持つアスタキサンチンが多く含まれ、ストレスや紫外線に負けない体を作る効果があるそう。

メニューは「サーモンの炊込みピラフ」、「野菜と白子のスープ」、「おしゃれチャンチャン焼き」です。

一生懸命に料理を作る子どもたち。

お父さん、お母さんと一緒になって、みんな頑張っていましたよ。

お待ちかねの昼食タイムです。「おいしい、おいしい」と、おかわりするお子さんもいらっしゃいました。

食後は、「鮭の紙芝居と描き方教室」です。

講師は、かじさやか先生。かじ先生は、まんが家、切り絵作家として、幅広い活動をしています。

紙芝居で鮭の生態について学び、体の特徴と描き方を教えてもらいました。

子どもたちは夢中に絵を描いています。うまく描けていますね。

今日は一日、満足していただけたようです。

Comments are closed.