「2013小学生料理コンテスト」開催!その1・・・予選会

札幌市中央卸売市場 青果部運営協議会主催の「2013小学生料理コンテスト」が開催されました。

このコンテストは「食育」をテーマに、こどもたちの食材を見る目を養い、友人たちと一緒に調理することで集団での協調性や自主性を育み、「食」への喜びや感謝の気持ちを持てるようにと開催されたもので、今年度で5回目。全部で24チームが参加し、1チーム小学生5名と保護者1名の計6名で構成されています。

8月24日(土)、31日(土)、9月7日(土)の3回に分けて予選会が行われ、各予選会の上位2チームが決勝大会に進出。予選会で敗退したチームの中から特別枠として選ばれた2チームと併せて計8チームが、9月14日(土)の決勝大会に進出し、優勝目指して頑張りました。

コンテスト内容は、市場内に特設されたお店で食材を購入(予算は3,500円以内)。買った食材と値段を買い物シートに記入して事務局(審査員)に提出します。料理の見た目や味はもちろん、栄養のバランス、買い物シートの内容、チームワークなど各項目に点数が付けられ、審査されます。

料理のテーマは「家族と楽しむ食事」。

予選会の様子↓↓↓

<8月24日>

<8月31日>

<9月7日>

参加された皆さん、お疲れ様でした。料理は上手くできましたか?

決勝大会の様子は、その2で紹介します!お楽しみに!

Comments are closed.