シシャモ!

11月も中旬に入り、朝の冷え込みもだいぶ厳しくなってきました。

今回ご紹介するのは、今の時季、特にお勧めのお魚。

「シシャモ」です!

「シシャモ」は北海道の太平洋沿岸の比較的浅いところに生息する日本固有の魚で、漢字だと「柳葉魚」。

10月中旬から11月下旬になると、特定の河川に群れを成して遡上して川底で産卵するのだそう。

遡上する主な河川は胆振地方の鵡川、日高の沙流川、十勝川、釧路地方の茶路川や阿寒川などで、日高沿岸の群れと、釧路・十勝沿岸に分布する群れとでは、遺伝的に異なることが確かめられているのだそうです。

写真のものは北海道白老の虎杖浜産。

また、他にも「カラフトシシャモ(カペリン)」と呼ばれる別のお魚も多く出回っており、「シシャモ」の代用品として使用されることも多いのとのことです。

食べ方は、干したものを焼いて食べるのがお勧め。他にも刺身や天ぷら、フリッター、バター焼き(ムニエル)などなど。

おかずはもちろん、晩酌のお供にも合いますよ!

Comments are closed.