「JA津軽みらい」の皆さんがリンゴの授業を行いました

 

2月17日、JA津軽みらいの皆さんと当市場卸売業者の札幌ホクレン青果(株)さん、仲卸業者の(株)北一蔵重商店さんがリンゴの授業を行いました。

授業を受けたのは、札幌市立石山南小学校3年1・2組のみんな。

 

リンゴのことを教えてくれるのは、黄色いはっぴがお似合いのJA津軽みらいの皆さん。

初めにJA津軽みらいのある青森県の場所から教えてくれました。

青森県はリンゴの他に、ごぼう、にんにくの生産量が日本一なことなど、特産物のことをいろいろ教えてくれました。

そして、ビデオで「青森りんごのおいしい秘密」を学習しました。

リンゴが収穫されるまでのいろいろな作業を見て、生産者の苦労がよくわかりました。

 

ビデオの後は、JA津軽みらいさん特製「りんごクイズ」に挑戦しました。

 

Q:リンゴは世界で何年くらい前から作られているでしょうか?

① 約100年前

② 約1000年前

③ 約4000年前

ほとんどのみんなが②約1000年前に手をあげました!!

正解は!!

③ 約4000年前でした。

正解したのは5人。

他にも、リンゴの品種の「ふじ」は青森で作られた品種だとか・・・。

リンゴ1個を実らせるのに約50枚の葉っぱが必要なんだとか・・・・。

などなど、たくさんの問題に、楽しく答えていきました。

あっという間に楽しい時間は過ぎ、最後にお楽しみのプレゼントが!!

 

プレゼントの中身は・・・。

リンゴ「ふじ」やパンフレット、下敷きなどなど。

たくさんのプレゼントをいただき、JA津軽みらいの皆さんのリンゴの授業は終わりを迎えました。

 

みんなはリンゴの秘密をたくさん知りましたね!!

来年もあるといいですね!!

tanu。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.