「平成26年度第1回札幌市中央卸売市場活性化ビジョン推進委員会」を開催しました。

5月1日木曜日9時30分より、「平成26年度第1回札幌市中央卸売市場活性化ビジョン推進委員会」を開催しました。

この委員会は、平成23年に市場事業者が主体となって策定した「札幌市中央卸売市場活性化ビジョン」の推進と進捗管理を行うために、定期的に開催しているものです。
今回は本委員会の構成組織である各検討会議の委員長より、平成26年度に各検討会議において取り組む予定の事項について説明があり、取組事項を決定しました。

また、本委員会の髙橋清一郎委員長より、4月17日木曜日に開催した「札幌市中央卸売市場におけるコンプライアンスの徹底についての会議」を受け、コンプライアンスを徹底することを市場全体の問題として捉え、市場事業者が自ら具体的な取り組みとして何をすべきか議論したいとの提案がありました。

そこで、コンプライアンスの徹底に向けてどのような課題があるかを洗い出し、幅広く意見を募集するために各団体に対してアンケート調査を行うこととし、アンケート結果を踏まえ、次回の本委員会で、今後継続的に議論するための会議を選定し、具体的な取り組みについて検討することとしました。

今後、市場の信頼回復に向け、活発な取り組みがなされることを期待しています。

Comments are closed.