JA月形町から「北の女王」、「月雫」が初入荷です

6月28日土曜日、JA月形町から「北の女王」、「月雫(つきのしずく)」が初入荷です。
品種は「北の女王」は赤肉のルピアレッド、「月雫」は青肉のMK-127で、同時に初入荷するのは珍しいとのことです。

売場の様子

こちらが「北の女王」。

北の女王

こちらが「月雫」です。

月の雫

試食が提供されると、あっという間に人だかりができていました。
「青肉のほうが甘いんじゃない?」、「いや、赤肉も甘いよ!」、「うまいねー。さすが月形だねえ。」なんて声が聞こえてきましたよ。

試食の人だかり

こちらが「北の女王」です。鮮やかな黄色が目を引きます。こちらは糖度16度。

北の女王試食

こちらは「月雫」です。爽やかな緑色が涼しげですね。糖度はなんと17度!

月の雫試食
競りではどちらもご祝儀価格がつきました。

競りの様子

JA月形町の方にお話を伺ったところ、今年は高温や長雨が続いた時期もあり、管理が難しかったそうですが、苦労した分、とても出来が良いそうです。
出荷基準は糖度14度ですが、それ以上の糖度で出荷できたとのこと。
今後9月上旬まで入荷する予定で、ピークは7月下旬ごろなのだそうです。

北の女王、月の雫セット

「北の女王」と「月雫」がセットになったギフトも人気なんだそうですよ。
JA月形町が自信を持って送り出す2品。ぜひ、ご賞味ください!

 

 

Comments are closed.