道内産ブドウ入荷中です

札幌も9月に入ってからは、朝晩の気温が低くなり、秋を感じるようになってきました。
秋の気配とともに、当市場にはブドウが多く入荷しております。

ここ最近は特に道内産のブドウの入荷量が多くなってきました。
昨年の統計データを見ると、9月に当市場に入荷したブドウのうち、約52%が北海道産で、ぶどうの収穫量は全国6位となっておりました。

仁木町から入荷したキャンベルスです。
こちらは昔ながらの黒ブドウで、根強いファンがいるそうです。

キャンベルス

こちらも仁木町のナイアガラです。
耐寒性に優れたブドウ品種で、冷涼な気候の地方で作られており、北海道は主要産地なのだそうです。
ワインやジュースなどの加工向けにも栽培されています。

ナイアガラ

小樽からはポートランド。緑色の粒が、黄色みがかってきたら、食べ頃なのだそうです。
ちょうど食べごろみたいですね。

ポートランド

余市からはデラウェア。種なしブドウの定番として古くから人気の品種です。

デラウェア

北海道産ではありませんが、山梨県からはこんな変わった形のブドウが入荷していました。
「ゴールデンレディー」と書いてありました。
「皮のまま食べるとシャリシャリした食感で、甘みが強くて美味しいよ。」と、小売業者さんが教えてくれました。

ゴールデンレディー

それから、ブドウではありませんが、仁木プルーンも入荷していますよ。

仁木プルーン

今日の青果のセリ場は、ブドウの甘い香りでいっぱいでした。
色々なブドウを食べ比べて、秋を感じてみるのも面白いかもしれませんね。

Comments are closed.