道内産「ブリ」入荷中です

もうすぐ9月も終わりを迎え、朝、市場のせり場では寒さを感じるようになってきました。
そんな中、市場に道内産ブリが多く入荷しています。

本州では、冬に漁獲されるブリは「寒ブリ」と呼ばれ、脂がのっていることで有名ですが、北海道各地では9月から10月にかけて漁獲量が多くなります。
産地も多彩で、日高、様似、函館、羅臼、釧路などから入荷しています。
また、道北、道東方面で漁獲されたものは、鮭を捕るための定置網に掛かったものが多いそうです。

こちらは、本日多く入荷していた様似産。

様似産ブリ

こちらは先日入荷していた、厚岸産の14kgを超える大型のブリ。迫力あります。

厚岸産ブリ

入荷が多い日は、せり場にブリの壁ができるほど。

ブリの壁

また、ブリは成長によって呼び名が変わっていくため、出世魚としても親しまれています。
関東では小さいものから順に「ワカシ」、「イナダ」、「ワラサ」、「ブリ」、関西では、「ワカナ」、「ツバス」、「ハマチ」、「メジロ」、「ブリ」と呼ばれるそうですが、それも地方によって様々なのだとか。

刺身やお寿司はもちろんのこと、ブリ大根や照り焼きなど、煮ても焼いてもおいしいですよ。
ぜひ、ご賞味ください!

Comments are closed.