市場見学と魚食普及・料理教室を開催しました

小学生とその保護者の方を対象として、2月28日に当市場水産協議会主催で市場見学と魚食普及・料理教室を開催しました。

これは、市場見学により市場の役割や仕組みを知り、水産物の調理方法を学びながら、魚食についての理解を深めていただくことを目的としたもの。情報誌「エコチル」誌上で募集し、抽選で選ばれた17組46名の皆さんが参加してくださいました。

ビデオ説明のあと、市場の見学へ。

展示室にある、場内を走るターレット(構内運搬車)に乗車。エネルギーとして環境にやさしい天然ガスを使っています。

こちらの展示ブースで一番人気だったのが・・・意外にも、はしを使ってみようのブースでした。

次は調理実習室へ。講師は、ハーブ&クッキングルーム「KINA」(キナ)を主宰する大澄かほる先生です。真だらを使用した、子どもたちでもできる手軽なメニューです。

調理を始める際に、包丁の取り扱いには十分に注意することと、IHコンロでやけどをしないよう気を付ける、脱走禁止等の注意事項がありました。

いよいよ調理開始です。包丁の扱い、揚げ物、炒め物に集中しております。

調理しながら、洗い物をする子供たち・・・各調理台で協力し合う、この一体感が素晴らしい!

出来上がった品がこちら。

かんたんホッキご飯(写真左上)、野菜とタラの揚げびたし(写真左下)、アスパラのほぐしタラの炒め焼きとタラのバジルパン粉焼き(写真右)

フレンチシェフっぽくタルタルソースをお皿の縁に・・・こんな遊び心もいいですね!

皆さんで試食しまーす。ご家庭でもお試しください。(ち)

Comments are closed.