道内産アスパラガスが入荷しました!

最近は気温が10℃を超える日もあり、めっきり春らしくなってきました。

そんな中、当市場においては、待ちに待った道内産のアスパラガスが入荷となりました。

春の息吹を感じてしまいます

この穂先は、フランスでは「マドモアゼルの指先」と呼ばれているそうです、ステキ!

せり場には、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの2種類がありましたので、卸売業者さんに話を聞いてみました。

卸売業者さん「ホワイトアスパラは遮光栽培といって、日光が当たらないように栽培しているだけで、グリーンアスパラと味は変わらないんですよ」

ホワイトアスパラガスのほうが高価なのは、栽培に手間がかかるためなんですね。

アスパラガスでいっぱい!左下に紫色のアスパラガスも!!!

とってもキレイな色合い! 値段は若干お高めです

ちなみに紫色のアスパラガスは、緑色の品種に比べてビタミンCや糖分が多く含まれ、紫色をひきだすアントシアニンが10倍ほど多く含まれているとのこと。

しかし、ゆですぎるとアントシアニンの色素が抜けて、緑色になってしまうので、加熱時間を短くしたり、レモン汁で紫色を定着させるなどの工夫が必要のようです。

初物とあって、せりにも力が入ります!

道外産、外国産のアスパラガスも入荷されていましたが、やはり道内産は産地からの輸送距離が短く、新鮮なため、アスパラガスのせりだけでこの人だかりです!

小売業者さんに話を聞いてみると、「早速食べてみたけど、今年のアスパラもとってもおいしかったよ。」とのこと。

卸売業者さんによると、まだ出始めのため、これからもっとおいしくなるとのことでした。

最初はお菓子の箱かと思ってしまいました。。。

ちなみにこちらは、当市場における平成26年のアスパラガス取扱高第2位のメキシコ産のものです。

メキシコ産アスパラガスの箱がなかなかユニークでしたので、かなり脱線してしまいますが、他のユニークな箱も紹介してしまいます!

(左側写真)kabochaって。。。

どちらも外国産のカボチャです。左側がニュージーランド産、右側がメキシコ産です。

箱の中の野菜と全く関係のなさそうなイラストが描かれているのが、外国産の特徴かもしれません。。。

私はこういうフレーズものが大好きです。

こちらは道外産のものになりますが、とにかくパンチが効いていますね(笑)

 

ということで、最後はアスパラガスとは全く違う話題になってしまいましたが、これからも道内産の初物がいろいろと入荷されます。

随時ご紹介していきたいと思いますので、ご期待ください!

Comments are closed.