「サクラマス」(本マス)入荷しています

4月も中旬にさしかかり、すっかり春となりました。
当市場には、3月ごろより「サクラマス」が入荷中です。

サクラマスは主に北海道、東北地方、本州の日本海側にかけて分布しており、日本海で漁獲されるサクラマスは、「本マス」とも呼ばれます。

サクラマスの稚魚は河川で孵化します。
約1年を生まれた川で過ごした後に、海に降りて50cmから60cmに成長し、約1年後の春に産卵のため、川へ帰ってきます。

ただ、すべての個体が海に降りるのではなく、河川に残ったサクラマスも一部いて、それらはヤマメと言われ、ほとんどが雄の個体なのだそうです。
ヤマメは海から川を遡上して戻ってきた雌のサクラマスとペアリングするのだそうです。

こちらは本日入荷した、せたな産です。

せたな産サクラマス

こちらは津軽海峡産。

津軽海峡産サクラマス

卸売業者さんに聞いたところ、今年は入荷量が少ないこともあり、値段は高値傾向にあるそうです。
5月いっぱいまでは入荷があるそうですよ。

食べ方としては、バター焼き、ルイベがお勧めなのだとか。
富山県では押し寿司としても人気ですし、フライやムニエルなどにも合うようです。

春の訪れを感じさせるサクラマス。
ぜひ、ご賞味ください!

Comments are closed.