市場見学と魚の調理教室を開催しました

5月19日、魚食普及委員会と当市場売買参加者の生活協同組合コープさっぽろが連携し、市場見学と魚の調理教室を開催しました。

市場のしくみを説明後に市場内の水産棟を見学していただきました。

この日は、19名の方が参加し市場のベテラン説明員に水産・青果のせりの様子や仕組みについて説明を受けました。

次に調理教室に移ります。講師は、道央水産物商業協同組合、金澤専務理事に講師をお願いし、ホッケを使用し三枚おろし、二枚おろし、背開きを習得していただきます。

魚のさばき方を知る機会はなかなか無いですね。参加された方は、興味をもって講師の包丁さばきを見ていました。

説明が終わった後は、参加者皆さんの調理開始です。各テーブルにはベテランスタッフもおり、説明も丁寧で調理が進むにつれ身おろしが上達していきました。

おろしたホッケを使い煮つけにしていきます。

また、今が旬の時サケを使ったムニエルも調理しました。

こちらが完成した、ホッケの煮つけと時サケのムニエルです。

自分でおろした魚を料理して食べると、格別においしいようです。参加されたみなさん是非ご家庭でも調理してみてください。(ヨ)

Comments are closed.