「時鮭」入荷中です!

当市場の水産棟せり場では、連日、「時鮭」が入荷しています。
こちらは、本日入荷していた様似産です。

様似産時鮭

時鮭は標準和名では「シロザケ」といいます。
シロザケは、秋になると産卵のために生まれた川に戻ってきます。

川をのぼる前の春から夏にかけ、日本近海で回遊しているところを漁獲されるシロザケは、時期はずれに獲れるため「時鮭(トキシラズ)」と呼ばれています。
シロザケは、産卵のために生まれた川に帰ってくる秋には、体中の栄養が精巣や卵巣に行き渡ってしまっています。
時鮭は、まだ精巣や卵巣が成熟していないため、その分の栄養が身に蓄えられ、脂の乗りが良いのが特徴なのだそうです。

「今年の時鮭は、数量は例年より少ないけど、脂の乗りが良くて、味はいいよ!」と、卸売業者さん。
こちらは羅臼産。
他にも日高、室蘭、苫小牧など、北海道の各地から入荷していますよ。

羅臼産時鮭

 

せりも毎日盛況です!

時鮭のせりの様子

春から初夏にかけて、旬を迎える時鮭。
この季節ならではの味覚をぜひ、ご賞味ください!

Comments are closed.