小学生料理人の夏は終わらない! 「2015小学生料理コンテスト」予選会②開催!!!

8月29日(土)、小学生の皆さんにとっては2学期が始まり、学校生活にもリズムが出てきた頃でしょうか?

しか~し、小学生料理人の夏はまだまだ終わりません。

「小学生料理コンテスト」予選会②が開幕です!!!

09

このコンテストは「食育」をテーマに、こどもたちの食材を見る目を養い、友人たちと一緒に調理することで集団での協調性や自主性を育み、「食」への喜びや感謝の気持ちを持てるようにと開催されたもので、今年度で7回目になります。

8月22日(土)、29日(土)、9月5日(土)の3回に分けて予選会が行われ、各予選会の上位2チームと、特別枠として選ばれたチームと併せて、最大8チームが9月26日(土)の決勝大会に進出します。

ちなみに1チームは小学生5名と保護者の方1名の計6名で構成されています。(保護者の方は調理には参加できません)

今回は8月29日に行われた予選会②の様子をご覧ください。

(主な予選会の流れについては、「小学生料理人の熱い夏! 「2015小学生料理コンテスト」予選会①開催!!!」をご覧ください)

1213

04

まずは食材のお買い物。

皆さんにとっては、こんな真剣な買い物は人生初めてでしょうかね!?

03

審査員の方も鋭い眼光を放っています!

この後、「お買い物シート」という購入した食材の一覧表を作るのですが、何チームか制限時間を守れなかったチームも。。。

いやいや、料理で挽回です!!!

05

さすが、年々レベルが上がってきています!

「下味がしっかりできていないわね~、やり直し!」

19

男の子も女の子に負けず、奮闘中!

「いやいや、料理人は男の人が多いっしょ! 男のほうがマメだぜ!!!」

08

「おっと、メタルキングスライム発見!!!」

「これ以上レベルが上がっちゃったら、大人の大会に参加することになっちゃうぜ!」

15

16

そんなことはもちろん言っていませんが、皆さんの日頃の練習の成果が見てとれますよね。

22

さあ、皆さんの料理が完成したようなので、早速他チームの料理見学!

その後は各チーム、自分たちで作った料理でランチへ!

審査員の方は最後のジャッジに入ります。

おいしさを点数にするなんて、とても難しいんですよね~。

23

24

25

26

それでは結果発表です!!!

予選を勝ち上がれるのは、各予選会の優秀賞の2チームと、予選会全体の努力賞のチームの中から、上位2チームが選ばれる予定です。

まずは努力賞の5チームをご紹介しますが、決勝大会に残れないと決まったわけではないので、落ち込まないでね。

35

 

30

努力賞1チーム目は、「MARUYAMA・№1・Victory」です。

写真一番左側の「コリラックマ」には、本日欠席したメンバーの気持ちが込められています。

また、「豆腐ハンバーグ」の”M”の文字もアーティスティックな感じです!

 

36

39

2チーム目は、「KMRAM」です。

マナーや調理に関して、審査員の方々の評価が高かったようです!

申し訳ありません。 KMRAMの由来を聞くのを忘れてしまいました。。。

 

31

34

3チーム目は、「K☆K☆C(幌南キッズクック)」です。

料理コンテストでは珍しい男の子だけのチーム!

審査員長の山際先生によると、男の子の参加者が増えて嬉しいとのこと。

「冷やし中華」がドーンとメインになっているのも”男の料理”といった感じです!

 

42

43

4チーム目は「しょうゆうズ☆彡」です。

おじさんには☆彡は読めません。。。(そもそも読むものではない?)

でも、「いももち」なんて、おじさんが子どもの頃に大好物だったのを思い出します。

 

45

47

5チーム目は「チームBANKEI」です。

役割分担がはっきりしていて、それでいてチームワークバツグンのチームでした!

写真を見ても、みんな仲良しなのが伝わってきますね!

 

さあ、次は優秀賞の2チームをご紹介!

48

優秀賞1チーム目は、「平岸6(ひらぎsix)」!!!

50

「お買い物シート」の作成でちょっとだけ失敗したかな?

でも、料理の味は審査員もうなるほどでしたよ! おめでとう!!!

 

優秀賞、残りの1チームは。。。

51

「HAPPY!」です!

54

こちらのチームも「お買い物シート」の作成に手間取ったものの、料理の完成度で見事挽回しました!

味が良いのはもちろん、見た目の評価が高かったのも勝因と言えそうです。

 

さて、「2015小学生料理コンテスト」予選会②の模様をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

予選会③、決勝大会とまたお届けしますので、見ていただけたら幸いです。

それでは、参加者の皆さん、審査員の方々、また、スタッフの皆さん、たいへんお疲れ様でした。

Comments are closed.