白!

ブドウ特集の2回目は「白」編です。

まずは北海道余市産の「ポートランド」から!

ポートランド

ニューヨークで生まれた品種で、やや小さめですが、酸味が少なくて糖度が高く、香りも良いですよ。

 

 

次は「シャインマスカット」!

「シャインマスカット」は平成18年に品種登録された、比較的新しい品種の白ブドウです。

マスカットの香りと高い糖度、そして何よりも皮ごと食べられるという特徴があります。

こちらは山梨産のパック入り。

シャインマスカットパック入

袋入りもあります。

シャインマスカット(紙袋)

箱入り娘も見つけました。

箱入りシャインマスカット

 

 

続いては「ロザリオビアンコ」です。

1987年(昭和62年)に品種登録され、露地栽培も可能な大粒高級ブドウとして人気があります。

白ブドウ品種の中では、「シャインマスカット」に並ぶ人気なのだとか。

こちらは山梨産。

山梨県産ロザリオビアンコ

こちらは新潟県産。

新潟県産ロザリオビアンコ

 

 

続いては、「ネオ・マスカット」です。

ネオ・マスカット

酸味は少なめで上品な甘さが特徴で、1房は350~450gくらいと、粒は少し小さめで、ワインにも利用されています。

「マスカット」(正式名称は「マスカット・オブ・アレキサンドリア」)よりも栽培がしやすいことから、同じ「マスカット」でも「ネオ・マスカット」のほうが手頃な価格で購入できます。

次は赤編で、完結を迎えます。

乞うご期待!

Comments are closed.