赤! 完結編

3回シリーズの最後は、「赤編」です。

まずは北海道余市産、赤と言えば「デラウェア」ですね!

デラウェア

「デラウエア」は巨峰に次いで多く作られており、価格的にも手頃で身近なブドウとして親しまれてきました。

店頭でも良く見かけますよね。

 

 

次はちょっとめずらしい品種で「甲斐路」です。

甲斐路

日本で栽培可能で、香りが「マスカット」に近いことから、「赤いマスカット」と呼ばれている純粋欧州種です。

皮と果肉は分離しにくく、皮の近くに甘みが強い部分があるので、一度口の中にまるごと入れて、皮を取り出して食べると、より甘みを感じることができます。

糖度は極めて高く18度から、高いもので23度にも達し、非常に甘いのが特徴です。

 

 

続いてはクインニーナ。

クインニーナ

こちらもあまり見かけない品種ですが、それもそのはず、品種登録されたのは平成23年。

登録されてからまだ数年しか経っていない新しい品種で、食味に優れた大粒の赤色ぶどうとして注目されています。

これから人気が出るかもしれません。

要チェックですね!

 

 

何だか似たような色の果物があったので、こちらもおまけでご紹介。

スタークリムソン

こちらはスタークリムソンという洋ナシです。

熟成させるととろけるように甘いそうですよ!

青果棟は、たくさんの種類の果物が入荷しています。

旬のブドウや洋ナシ、たくさん食べてくださいね!

Comments are closed.