幻のたまねぎ「札幌黄」初入荷です!

9月17日土曜日、札幌発祥のたまねぎ「札幌黄(さっぽろき)」が初入荷しました。

札幌黄

「札幌黄」は明治初期から栽培が始まり、全盛期には海外への輸出もしていましたが、その後、生産量が激減し、「幻のたまねぎ」と呼ばれるようになりました。

平成19年に国際スローフード協会により、「食の世界遺産」といわれる「味の箱舟」に登録されたことにより、再び脚光を浴びています。

札幌黄 箱

今年は装いも新たに黒い箱にてお目見え!

生産関係者さんによると、生育状況は良いとのこと。今回の初出荷にあたっては、収穫時期に雨が多く、作業にご苦労されたとおっしゃっていました。

本日は、10キロ箱を100ケースが出荷され、年内に2万ケースの出荷を予定しているとのことです。

取材のみなさん

テレビ局の方々も取材に来場しており、「札幌黄」の注目度の高さがうかがえます。

スープの試食

「札幌黄」を使ったスープの試食もあり、仲卸業者さんや小売業者さんの列ができました!

お味の方は、たまねぎに甘みがあり、やわらかい歯ごたえで、おかわりをしたくなるおいしさでした。

多くの方が見守る中、せりが始まり・・・。

せりの様子

ご祝儀価格もつきました!

ご祝儀価格

煮るもよし、焼いてもよし、味噌汁や鍋料理、そして焼肉にもおすすめとの「札幌黄」。

ぜひご賞味ください!

Comments are closed.