優勝の栄冠はあのチームに!!! 「小学生料理コンテスト」決勝大会!!!(後編)

「2016小学生料理コンテスト」決勝大会(後編)、ついに優勝チームが決定します!

今回も審査員の皆さんは、採点に頭を悩ました様子。

IMG_3588

審査員の皆さんです。

採点項目としては、料理の味はもちろん、”チームワーク”や”礼儀正しさ”といった項目など全部で10項目あり、それぞれ10点満点、計100点で各チームを採点していきます。

それでは各賞の発表です!

まず努力賞は「ハッピー5」です。

IMG_3731
29

「オムライスがかわいくできた!」、「楽しかった!」とは、チームのみんなの声。

本当に楽しそうに和気あいあいと調理をしていました。

私も審査員として試食したのですが、「にっこりオムライス」はかわいいのはもちろん、皮もとっても上手に仕上がっていました。

個人的にはロールキャベツがとってもおいしかったです。

キャベツと肉団子のやわらかさがバツグンでしたよ。

 

続いて「マーケット賞」は、「トルテーミルク」です。

IMG_3733

28

写真を見ても、本当に小学校3年生の子どもが作ったの?という感じですよね。

3人による調理は大変だったけど、作り終えたら、とってもリラックスしたという3人。

予選会①のブログも見てくれていたようで、私が命名した「ピース王子」も喜んでくれたかな?

「健康オムライス」のチキンライスはとってもおいしくて、2杯は食べれますね。

「ポテトサラダ」もマヨネーズとかコショウの味を出し過ぎず、素材を生かした感じでしたよ。

本当にすごい3年生です。来年も待ってるね!

 

「敢闘賞」は「大谷地Z・5」です。

IMG_3734

27

他のチームの料理を見て、自分たちもまあまあできたかな?という感想を持ったとのこと。

本当に十分良くやったよね!来年も出たいと言ってくれて、私もうれしいです。

「肉巻きたまごの甘辛煮」は、本当に上手に豚肉が巻いてあり、しかも味付けがバツグンでした。

今回のコンテストの一品一品を見ていくと、私の中ではベスト3に入る料理でしたよ。

「リンゴのコンポート」は、りんごが口の中でとろけました。

りんごってこんな風になるんだという新発見です。

 

さあ、いよいよメダルが授与される「青果賞」、「準優勝」、「優勝」の発表です。

惜しくもリベンジならず! 「青果賞」は「K☆K☆C(幌南キッズクック)」です。

IMG_3736

25

チームのみんなによると、去年よりコンテストのレベルが上がっている気がしたけど、もしかした優勝できるかもと思っていたようです。本当に惜しかったね。

予選会では玉ねぎをこがしちゃった「肉じゃが」だけど、今回は完璧ですね。

玉ねぎをじっくり煮込んで作っていますので、本当に風味が出ておいしいです。

また、4人の集合写真で、一番右の子の調子が悪そうなんだけど、途中で頭痛になったみたいです。

それでも「白玉あんみつ」の白玉を、何と粉から作り上げたのだがら驚きです。

白玉の感触もバッチリでしたよ。

来年は新メンバーを入れて、また参加するとのこと。来年こそリベンジだね!

 

さあ、惜しくも優勝とはなりませんでした。

「準優勝」は「ベジタブルガールズ」です。

IMG_3741

26

初出場なのに準優勝、おそるべしです。

他のチームの料理を見て、「予選会よりグレードアップしているチームがいる」と心配していましたが、準優勝は立派です。

「1口ギョウザ」は”揚げギョウザ”と”焼きギョウザ”の2種類。そして、揚げギョウザの中身はサツマイモなんです。理由を聞いてみると、外がカリッと、中はやわらかい感じにしたかったそうです。やはり、おそるべしです。

試食してみると、焼きギョウザのほうもとってもおいしかったです。ニラがすごく細かいみじん切りになっているのもミソなのかな?タレが3つ用意されているのもポイントですね。

 

「優勝」はこのチーム!

IMG_3742

まさに3度目の正直!「ミラクルクッキング5」です!おめでとう!!!

山際審査員長から賞状とメダルの授与です!

30

33

23

審査員をしていた私の上司が、「これ本当に小学生が作ったの?」と思わず言ってしまうほどの完成度。

「お買い物シート」を完成させるのも、調理するのも早かったし、味も文句なしです。

ちなみに、何と全審査員が最高得点を付けました(同点1位も含めます)。私が関わった3大会では初めてかも。

「おいしいまほうの秘密のビビンバ」は本当に”まほう”のようですよ。どのように味付けをしているのか全くわからないのですが、とにかくおいしいのです。しかも”石焼ビビンバ”ではないんですよね。

「サクシャキ!!アップルパイ」は外のカリッという食感と、中のりんごのトロッした食感が見事にマッチしています。

「トマトのミネストローネ」は、さっぱりしたお味ながら、ダシがとても効いています。

やはり3年間の経験が活きていますね。

IMG_3760

最後に山際審査員長からお話がありました。

予選会より腕を上げたチームもいて、短い間に皆さんが努力したのがわかりますとのこと。

料理だけではなく、みんな礼儀正しいのも大変良かったと思いますとのことでした。

点数を競い合うのももちろんすばらしいことですが、コンテストを通して、みんながいろいろなことを学んで、成長していく姿もとってもすばらしいと思いました。

「小学生料理コンテスト」は来年もやります!ぜひ、皆さんの参加をお待ちしています!!!

Comments are closed.