”明治生まれ 札幌選抜”の「札幌黄」初入荷です!!!

9月16日土曜日、皆さんお待ちかねの「札幌黄」が初入荷しました!

その注目度の高さから、報道機関の方も来ています!

今ではすっかり皆さんの知るところとなった「札幌黄」ですが、昭和50年代から生産量は激減し、一時は”幻のたまねぎ”とまで呼ばれました。

明治生まれ、札幌選抜なのです!

しかし、糖度と辛みのバランスが良い、柔らかいという料理食材の価値で評価され、最近生産量が増加。

特に熱を加えると、辛みが消えて、甘みが増し、とろみも出るということで、「札幌黄」を選ぶ料理人も少なくないとか。

生産関係者の方に話を聞いてみると、6月の雨の影響もあり、栽培には大変気をつかったようですが、例年通りの出荷を迎えたようです。

ちなみに本日は10㎏箱で70箱の「札幌黄」が入荷されました。

優しい甘さと言えばいいのでしょうか?本当においしいです!

JAさっぽろの方が「札幌黄」を使ったスープを試食に提供してくれました!

すると、すごい人だかりに!!!

「うまい!」 「おいしい!」 「甘い!」

さすが、伝統の「札幌黄」といったところです。

さあ、せりが始まりますよ!

1万円!!! 14番~~~!!!

今年もご祝儀価格が出たようですね。

現在、「札幌黄」を栽培している農家は、市内で約30軒とのこと。

「札幌黄」の人気が出ることで、さらに多くの農家が作付を行い、それが「札幌黄」のさらなる発展につながるとのこと。

市内のスーパーでも買えますし、ネット販売も行っているようです。

また、現在開催中の「さっぽろオータムフェスト2017」の11丁目会場でも、本日から3日間販売会を行っているとか。

皆さんもこれを機会にぜひ「札幌黄」をご賞味ください!!!

Comments are closed.