JA和歌山県農北海道事務所、JA紀北かわかみ、丸果札幌青果㈱、㈱北一藏重商店の皆さんが「柿」の出前授業を行いました!

JA和歌山県農北海道事務所、JA紀北かわかみ、当市場の卸売業者の丸果札幌青果株式会社、仲卸業者の株式会社北一藏重商店の皆さんが、9月26日に南区の簾舞小学校で、9月28日に東区の栄小学校で「柿」の出前授業を行いました!

【札幌市立簾舞小学校】
日時:9月26日(火)11:30~
対象学年:3年生、4年生

講師は、JA和歌山県農北海道事務所の竹本 久美子さんです。
和歌山県の場所や特産物、「柿」の流通・品種・栽培・栄養価など、柿についてたくさんのことを教えてくれました。

子どもたちは、講師のお話に真剣に耳を傾けて、途中で出題されるクイズで教室は盛り上がりました!
「和歌山の柿ができるまで」がまとめられたDVDでの映像学習にも、子どもたちは非常に強い関心を持って、質疑応答では、たくさんの手が上がりました!

子どもたち一人一人に、「柿」と「柿に貼るハロウィンシール」が配られました!


子どもたちにとって、非常に有意義な授業となりました!

【札幌市立栄小学校】
日時:9月28日(木)11:00~
対象学年:4年生

講師は、JA紀北かわかみの今西 一眞さんと露野 誠良さんです。
昨年も柿の授業を受けている子どもたちは、今年はまた新しい発見をしたい!という意気込みで終始真剣に講師のお話を聞いていました!

JA和歌山県農の柿のPRキャラクター「かき音(かきね)ちゃん」も登場し、教室は楽しく和やかな雰囲気になりました!

当市場の卸売業者と仲卸業者が実際に使用している「帆前掛け(ほまえかけ)」をつけて記念撮影も行われました!

最後は、子どもたちからお礼の歌のプレゼントもあり、非常に充実した授業となりました!

これからの季節、今回の出前授業で学んだことを思い出しながら、おいしい柿をいっぱい食べてくださいね!!

Comments are closed.