”ボタンエビ”入荷しています!!!

3月13日、水産物部のせりを監視していますと、目新しい品物を発見!!!

発泡スチロールの上に薄緑色の器具が乗っていますが、品物は何でしょうか?

近づいてみましょう!

おっ、”ボタンエビ”がこんなにたくさん!!!

しかも生きています!

先ほどの器具がポンプの役割をしていて、酸素を送っていたのですね!

こちらは、袋の中に酸素が注入された状態で、産地から送られてきました。

3月にエビかご漁が解禁され、当市場にも多くの噴火湾産や日高産のボタンエビが入荷されています!

なお、上の2枚の写真はどちらも噴火湾産のボタンエビです。

こちらは、日高産のボタンエビです。

身がプリップリしていて、新鮮そのもの!

しかも、長さは10センチ以上ありそうで、本当に大きいです!!!

卸売業者さんによると、活エビも歯ごたえが良くとてもおいしいのですが、何時間か寝かせると甘みが増すのでどちらもおススメとのこと。

また、白い斑点がはっきりしているエビほど甘くておいしいとのこと!

さあ、せりが始まりました!!!

業者の方も真剣そのもの!

さすがにボタンエビはいい値がつきますね。

皆さんもぜひご賞味ください!!!

Comments are closed.