JA月形町から「北海カンロ」初入荷です!!!

6月1日、JA月形町から「北海カンロ」が初入荷しました。

一般的には「まくわうり」や「あじうり」と呼ばれていますが、北海道では「カンロ」と呼ばれることが多いようです。

うり(まくわうり)は、「古事記」や「万葉集」にも記載されている、中国伝来の東洋系メロンです。

北海カンロは、甘み、香りに優れ、特に爽やかな風味があることから、今なお根強い人気があります。

北海カンロで最も糖度が高いのは、種を包むワタの部分で、皮をむいたらタネを取らずに丸かじりするのが、お勧めの食べ方です。
試食してみましたが、プチっとしたタネの食感と甘く爽やかな風味が口に広がり、とてもおいしかったですよ。

さあ、いよいよせりが始まりました。

本日の初入荷は8箱でしたが、これから8月にかけてどんどん出荷されるそうです。
皆さんもどうぞご賞味ください!!!

Comments are closed.