山形県産「庄内柿」のトップセールスが行われました!!!

10月27日土曜日、山形県産「庄内柿」のトップセールスが開催されました!


平らな角形で種が無いのが特徴の「庄内柿」は、明治18年、鶴岡市の鈴木重光氏が新潟の行商人から数種の苗木を購入して植えたところ、1本だけ種なし柿が実りました。明治23年にはこの木を知り合いの酒井調良氏がもらい受け、積極的に栽培したのが始まりなのだそうです。

果皮の色は橙色で光沢があり、甘みが強く、果汁も豊富で、果肉が硬くなくそれでいて柔らかすぎず程よい食感の「庄内柿」は、山形県庄内地方を代表する果物になりました。

ハロウィンの時期のPRということもあって、柿に貼るシールも配られていました!

試食では、JA庄内たがわ、JA庄内みどりの柿が並べられ、食べ比べができました。
どちらもサクッとした歯ごたえで、甘さもたっぷり、とても美味しかったです!

午前7時30分、鶴岡市の皆川市長、JA庄内たがわの黒井組合長、JA庄内みどりの岡部常務、JA全農山形の齋藤副本部長、園芸大国山形キャンペーンガールの金澤さんが来場し、「庄内柿」のPRが行われました。

代表して、鶴岡市の皆川市長、JA庄内たがわの黒井組合長、JA庄内みどりの岡部常務からPRのご挨拶をいただきました。

鶴岡市 皆川市長

JA庄内たがわ 黒井組合長

JA庄内みどり 岡部常務

威勢の良いせり人の掛け声のもと、庄内柿が次々と落札されていきました。

今回、トップセールスでPRに訪れた関係者の皆様です。

なんと「庄内柿」は、生産量の約7割が北海道に出荷されるのだそうです!
11月いっぱい出荷される見込みですので、山形県の旬の味覚、おいしい「庄内柿」をぜひご賞味ください!!!

Comments are closed.