「第15回北海道きのこ品評会」が開催されました!!!

11月6日火曜日、当市場会議室で第15回北海道きのこ品評会が開催されました。

この品評会は、北海道きのこ生産・消費振興会の主催で、北海道産きのこのブランド力を高め産地間競争での優位性を確保するため、生産技術の向上と消費の拡大を図り、安定したきのこ生産体制の構築を図ることを目的として毎年開催されています。
参加資格は北海道内で栽培きのこを生産している生産者で、出品部門は原木生しいたけ、菌床生しいたけ、その他のきのこ、参考出品の4つの部門に分かれています。

「きのこ」を審査する様子です。

原木生しいたけ

菌床生しいたけ

しいたけ以外のきのこも出品されていました。

なめこ

まいたけ

きくらげ

えのきたけ

参考出品されたきのこもありました。

右から、たもぎたけ、エリンギ、まいたけ、きくらげ

今年は全部で92点のきのこが出品されました。
審査は、きのこの粒ぞろい、水分、鮮度、色調、形状などを総合的に審査するとのことです。

この品評会に出品されたきのこは、明日(11月7日10:00~16:00)、札幌駅前地下歩行空間「チ・カ・ホ」北3条交差点広場(西)で開催される「第7回 北海道きのこフェスティバル」にも展示されるほか、終わりが近づくころには、なんと今回の審査対象となったきのこも販売されるとのこと!

お時間の都合のつく方は、ぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか!!!

【17:00追伸】

16時20分、審査発表が行われました。

受賞したきのこのうち、一部をご紹介します。

原木生しいたけの部 林野庁長官賞(最優秀賞) 社会福祉法人光の里 多機能型事業所ワークショップいまかね(今金町)の原木生しいたけ

その他のきのこの部 林野庁長官賞(最優秀賞) 有限会社遠藤農産(比布町)のまいたけ

この2点を含めた最優秀賞9点、優秀賞4点、優良賞3点、奨励賞4点が選ばれました。
詳しくは11月7日、地下歩行空間「チ・カ・ホ」北3条交差点広場(西)で開催される「第7回 北海道きのこフェスティバル」にてご覧下さい。

Comments are closed.