令和元年、「夕張メロン」の初せりです!

お待たせしました!!

令和元年のJA夕張市「夕張メロン」は、昨年より2日早い5月24日に初入荷し、初せりが行われました。

落札者に贈呈される時計付きのパネル

本日は、昨年の倍近い500ケース、1,000玉が初入荷しました。

この日のせり場は、卸売業者さん、仲卸業者さん、小売業者さん、取材に来た報道機関の方々で、いつにも増して活気にあふれていました。

2階見学者通路にもたくさんの見学者が訪れていました。

今年も夕張市の厚谷市長や夕張市農業協同組合加藤組合長をはじめ、関係者が多数来場し、厚谷夕張市長からご挨拶と夕張メロンのPRが行われました。

今年の「夕張メロン」は、天候が良好に推移し日照にも恵まれた事で雪解けも進んだことから苗床の管理なども順調に進み、出来上がりは上々とのことで、本日のメロンの糖度は15度もあるそうです。

試食コーナーも大盛況でした。

試食させていただきましたが、みずみずしいオレンジ色の果肉が、口の中に甘くとろけて大変美味しかったです。

最高落札者にはトロフィーが送られます。

さあ、令和元年の初せりが始まりました。

大勢が見守る中、仲卸業者さんの手が上がり・・・

落札されました!!

読み上げられた最高値は・・・

500万円!!!

せり場にざわめきが起こりました!

今年の生産者106名による作付計画は面積で240ヘクタール、販売計画数量は3,844トンとなります。

北海道夕張市の特産品「夕張メロン」、皆様もぜひご賞味ください!!

Comments are closed.