札幌伝統野菜「札幌黄」初入荷です!!!

日に日に秋の気配が深まってきた感じがする札幌ですが、9月21日土曜日、JAさっぽろ「札幌黄(さっぽろき)」が初入荷しました。

本日は、10㎏箱65ケースの「札幌黄」がせりにかけられました。

この「札幌黄」、さかのぼること開拓使が札幌の地に置かれた明治初期、アメリカから取り寄せた種子を札幌の気候風土に合わせて農家の方が改良を加えたもの。

肥沃(ひよく)で、乾燥しやすいといったタマネギ栽培に適した当時の札幌村(現在の札幌市東区)から、北海道中に広まって生産量を伸ばしましたが、昭和50年頃から、病気に強く品質が安定している交配種を育てる農家が増え、作付面積が減少していったのだそうです。

しかし、近年の地産地消の機運の高まりや「食の世界遺産」(スローフード協会国際本部が世界共通の基準で認定する「味の箱舟」の通称)に登録されたことがきっかけとなり、地域の伝統作物である「札幌黄」を応援していく機運が一気に高まりました。

「札幌黄」は、「糖度と辛みのバランスが良い」・「柔らかい」という料理食材としての価値も評価されており、一般に流通している玉ねぎよりも肉厚で柔らかく、加熱後の甘みが強いため、根強いファンも多く、「札幌黄」を選ぶレストランも増えてきているそうです。

本日は、「札幌黄」を使ったタマネギスープの試食も登場しました。

このスープを求めて、仲卸業者さんや小売業者さんが集まります。
「甘い!」、「うまい!」、「美味しい~」との声が聞こえてきました。

そして、生産関係者や報道陣が注目する中、いよいよ初せりが行われます。

せり人の威勢の良いかけ声でせりが始まりました!

出ました!ご祝儀価格です!

生産関係者の方に話を聞いてみると、春先は雪解けが早かったものの、夏場は雨が少なく干ばつ状態になりましたが、生産者たちの技術と努力の結果、昨年より10日早い初出荷を迎えることが出来たとのこと。
今年は、約30戸の生産者の方が、約20ヘクタールに作付けしているそうです。

幻のタマネギ「札幌黄」、ぜひご賞味ください!!!

Comments are closed.