トピックスTopics

ブログ検索

アーカイブ

礼文産真ホッケ「礼𩸽(レイカ)」&刺し網漁「サンマ」が初入荷しました!

本日は水産物部から初入荷の情報です。

日本最北の離島・礼文島の船泊漁協から、新たにブランド化された真ホッケ「礼𩸽」が初入荷となりました!

こちらのホッケは、礼文島の「礼」と、魚へんに花と書く「𩸽(ほっけ)」を組み合わせて「礼𩸽(レイカ)」と名付けられ、「花の島」とも呼ばれる礼文島にぴったりのブランド名となりました!

売場では、大型モニターによる「礼𩸽」の紹介動画が流れており、多くの方が立ち止まって観ていました。

こちらの「礼𩸽」の特徴ですが、まずはその大きさです。
通常のホッケよりも脂の乗った大型サイズである、700g以上のホッケのみが「礼𩸽」として出荷することができるそうです。
また、完全日網操業・船上選別・即氷締めをしているということで、鮮度を保ったまま出荷されます。
その鮮度を活かして、刺身や塩焼き、礼文発祥のちゃんちゃん焼きなど多様な料理を楽しむことができるということです!
普段、食卓に並ぶことも多いホッケですが、「礼𩸽」をお見かけの際は購入してみてはいかがでしょうか!

また、先日道東沖のサンマ刺し網漁が解禁となったことにより、サンマの初入荷もありました!

ここ数年不漁が続くサンマですが、当市場には本日10.6kg(11ケース)の入荷となりました。
価格は、最高値が1kgあたり40,000円で取引がされました!

サンマも、普段の食卓に欠かせない魚だけに漁獲量の回復を祈るばかりです…。