「白カブ」旬です!!

函館育ち「白カブ」の入荷が増えてきました!!

この白カブは、「春まき」と呼ばれ、1月に種をまき、ゴールデンウィーク明けまでハウス・トンネルで栽培、その後は露地栽培され出荷の時を待ちます。

この時季は、肉厚できめが細かく、茎も葉も柔らかいので、一夜漬けで一緒に食べられます。


白い根の部分には、風邪を予防するビタミンCを多く含む他、消化酵素のアミラーゼ(ジアスターゼ)が胸焼けに効果があるそうです。

また、茎や葉にもビタミンA、ビタミンC、鉄、カルシウムなどが多く含まれるそうで、食べたいですね!!

かぶのレモン漬け

かぶのレモン漬け

エネルギー

22kcal

塩分

1.5g

野菜摂取量

91g

調理時間

10分(時間外を除く)

「レシピ大百科」はこちらから♪

tanu。

Comments are closed.