北海道産の大根が初入荷

5月に入り、一気に札幌、旭川と北上した桜前線も一休みといった感じで、道北や道東での開花の便りはもう少しかかりそうですね。

そんな中、当市場に道南の七飯町から、道内産の「春だいこん」が初入荷しました。

青々とした葉は、新鮮そのもの

七飯町は、化学肥料や農薬の低減に取り組んでおり、「北のクリーン農産物表示制度」の栽培基準を満たしていることで承認される「YES!clean」の表示のできる作物が多くあり、大根もその中の一つなのだとか。

箱には「YES!clean」マークが

雪解けの早い七飯町でハウス栽培されたこの大根。柔らかくみずみずしいことから、サラダや大根おろしにするのがお勧めだそうです。
もちろん、葉っぱの部分も浅漬けやおみそ汁にするといけるよとのこと。
「地物のダイコンが入ってきたね!」と、青果競り場での朝のあいさつは、春を感じるものとなりました。
reo。

Comments are closed.