小学生記者!!仲卸業者さんを取材!!

当市場最大のイベント??の夕張メロンの初競りがあった日の午後。

夕張メロンを1番高い価格で競り落とした、当市場仲卸業者(蔵重商店)の渡会さんと札幌市立藻岩北小学校へ・・・。

そこには・・・。

昨年から取材でお世話になっている佐藤先生の姿が。

佐藤先生は、渡会さんと一緒に「リンゴの授業」をしている先生で、今年の4月に「札幌市立石山南小学校」から「札幌市立藻岩北小学校」に転勤されたとのことです。

tanu:「ところで先生?今日は、夕張メロンの初競りがあったのですが・・・。今回は理科?社会?の授業ですか・・・??」

佐藤先生:「いいえ! 国語の授業です!!」

tanu:「???」

案内されたのが多目的室。

そこには5年生2クラスのみんな。

よく見ると、腕には腕章??

今日の国語の授業は、全国的ニュース「夕張メロンの初競り」を題材として、みんなが新聞記事を作り、次の日の報道各社の記事と比べてみよう!!というものだそうです。

そんなことで、かわいい記者たちが「夕張メロンを最高値で競り落とした仲卸業者を独占取材!!」となったわけです。

記者のみんなは、ビデオや新聞などで市場のこと、夕張メロンのことを事前に予習していました。

予習をするとたくさんの疑問が・・・!!

         なんで100万円もするんだろ??              競り落とした時の気分は??            どこで売られるのかなぁ?

    今日の競りでいくら使ったの?              値段はどうやって決めたんだろ??           今までで一番高かった値段は??

今年のメロンの出来は??          などなど・・・・

その疑問を直接、仲卸業者さんへ!!

最初は「●●新聞の○○です。」なんて感じで始まり、質問の終わりには「ありがとうございました!!」

と、みんな本物の記者さんみたいでしたよ!!

各社の記者さんから次々と質問が・・・。

真剣にメモを取る記者たち・・・。

たくさんの質問が終わった後には・・・。

仲卸業者さんに、競りについて教えていただきました。

仲卸業者さん:「札幌市中央卸売市場の青果では、“上げ競り”を使っています。いわゆるオークション形式でせり人が値段を上げていき、価格を競わせる方法です。」

みんなは、指で数字を表す方法(手形)を教わりました。

仲卸業者さん:「手形は1~9までしかありません!! 1は100円の時もあれば・・・今日の夕張メロンのように100万円の時もあります!!」

みんな:「へ~」っと、どよめきが・・・。

仲卸業者さん:「じゃぁ1から行くよ!! はい、イーチ これは普通ですね!!」

「はい、ニー(ピース)」・・・。これも普通ですね。 

「はい、サーン・・・。」

みんな:「これやりづらい・・・。」         

そして、4、5と進んで行き・・・。

仲卸業者さん:「それではみんな!!6は、分かりますか?!」

みんな:「・・・・。」「あれ!4と同じになっちゃう・・・」

仲卸業者さん:「(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-」 「正解者の君!!前に来て!!」

はい、みんなで「イエーィ!!・・・ これが6です!!」

と、楽しい授業はあっという間に・・・。

取材を終えた記者の一人は・・・。

「メロンのことをたくさん知ることができて楽しかったです。」と、ほほ笑みながら話してくれました。

きっと、この後仲卸業者さんから聞いた「まる秘情報」を記事に書いたことでしょう!!

どんなスクープ記事が書けたのかな・・・。

tanu。

Comments are closed.