にらめっこが得意?

先日、水産の競り場で、とっても愛嬌(あいきょう)のあるお顔をした魚に出会いました。

そのお魚の名前は「オコゼ」と言います。

正式名称は「オニオコゼ」。「オコ」とは古語で「醜い」や「愚か」などの意味があり、「ゼ」は魚名の語尾でよく使われる言葉とのこと。

そんなことで、「オニオコゼ」は「鬼のように醜い魚」の意味があるんだとか。。。

そんなに○○ないですよ・・・ね?

 

そんな「味のあるお顔」の「オコゼ」ですが、見た目に反して?(オコゼさん、ごめんなさい)とっても美味なんだそうです。

お刺身はもちろん、汁物にすると良いだしが出るそうなので、みそ汁やあら汁、お吸い物なんかもいいですよね。

でも、背びれにあるとげには毒があるそうですので、調理する時は気をつけてください。

にらめっこしましょ~♪

負けそう・・・

kai。

Comments are closed.