トピックスTopics

ブログ検索

アーカイブ

カテゴリ: ‘市場ブログ’

【お知らせ】水産物部における取引方法等の変更について(令和4年7月29日)

金曜日, 7月 29th, 2022

水産物部においては、新型コロナウイルス感染防止対策として、これまで卸売場でのマスク等着用の義務化や取引方法の変更(せり売を入札又は相対取引へ変更)などの対策を講じてきたところです。

水産物部の取引方法については、市内の感染状況や本市感染症対策本部の方針などを踏まえて、水産物部関係団体と協議の上、現在、感染防止のため取引方法等を変更しております。感染防止対策後は、新規陽性者数は若干抑えられておりますが、依然として感染者が散見される状況となっております。

つきましては、令和4年 8 月 1 日(月)から 8 月 10 日(水)までの間、現行の取引方法等を下記のとおり延長することといたします。

1 取引方法変更の期間延長について
現行の取引方法(「まぐろ」はせり取引、それ以外は入札又は相対取引)を、令和 4 年 8 月 1 日(月)から 8 月 10 日(水)まで延長することといたします。
※取引物品の販売方法別販売開始時刻及び販売条件等の詳細は、「水産物部関係団体あて通知文」別紙1~4をご確認 ください。

2 まぐろ売場への入場制限等について
まぐろ売場は、令和4年6月2日(木)以降入場制限を解除しておりましたが、市内及び市場内での感染者数が増加傾向となっており、感染防止対策を徹底する必要があることから、引き続き入場制限等を行います。
(1) 卸売業者:せり人、マイク(フェイスシールド又はマスクを着用)、確認書記載者、卸売業者の責任者
(2) 仲卸業者:せり取引に参加する者と自社の札を入れる者
(3) 売買参加者:せり取引に参加する売買参加者(1名)
(4) 仲卸組合:統括理事1名
(5) 密集・密接状態を避けるため、上記(1)~(4)以外の者はせり開始からせり終了まで、まぐろ売場への入場を禁止する。
(6) せりに参加する者は、密集状態にならないよう一定の距離を保つこと。
(7) せり終了後に、まぐろ売場へ入場する際はなるべく密集状態を作らないとともに近距離で会話をしない。

3 その他(詳細は下記「水産物部関係団体あて通知文」を参照
(1)密集・密接状態を避けるため、指定された以外の者はせり開始から終了まで、まぐろ売場及びへの入場を禁止します。
(2)卸売業者、仲卸業者、売買参加者等は卸売場に入場する場合は、帽子、標識、マスク及び洗浄・消毒した長靴を着用してください。
(3)卸売場での飲食(試食を含む。)は禁止です。
(4)入場前には各社において検温を済ませてください。

水産物部関係団体あて通知文(PDF:779KB)

【旬をお届け】With/Afterコロナ「市場のプロが伝える美味しい食べ方」をYouTubeで紹介!

木曜日, 7月 28th, 2022

札幌市中央卸売市場で働く水産・青果のプロフェッショナルたちが、様々な食材を美味しく食べるためのコツやお役立ち情報を紹介します!

今回は、
『北海道ならではの果物【カンロ】の食べ方』
『札幌市場発!美味しい北海道産サクランボ』
『札幌市場発!トマトの保存方法と【超時短】冷製スープ』                          
『札幌市場発!大根の保存方法と簡単常備菜』を公開します。

YouTube上の(一社)札幌市中央卸売市場協会のチャンネルにおいて、今後も、「市場のプロが伝える美味しい食べ方」のほか、様々なコンテンツがUPされる予定ですので、ぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCyw1dXDYwnA9lZRdc9DieCA

『北海道ならではの果物【カンロ】の食べ方』
https://youtu.be/G-xxIQx45mY  

               

『 札幌市場発!美味しい北海道産サクランボ 』
https://youtu.be/kc-f0jcchDM   

『 札幌市場発!トマトの保存方法と【超時短】冷製スープ 』
https://youtu.be/xin5ibap_a4

『 札幌市場発!大根の保存方法と簡単常備菜 』
https://youtu.be/6SGjuR9yE1U

福島県産青果物トップセールスが開催されました!

木曜日, 7月 21st, 2022

令和4年7月21日(木)、当市場の青果棟卸売場にて、「福島県産青果物トップセールス」が開催されました。

当日は伊達市長のほか、JAなどの各関係者、ミスピーチキャンペーンクルーも市場へ来場いただき、とても華やかな雰囲気となりました。

2022ミスピーチキャンペーンクルーの島崎茜さん(左)、佐藤郁実さん(右)

福島県産のもものせりも行われ、せり終了後は卸売会社へのももの贈呈式も行われました。

札幌市中央卸売市場で取り扱うももの約7割は福島県産。
今年は天候にも恵まれ出来栄えが良く、光センサーを使用して選別されたももはジューシーで甘い仕上がりになったそうです。

皆様もぜひご賞味ください!

【お知らせ】水産物部における取引方法等の変更について(令和4年7月20日)

水曜日, 7月 20th, 2022

水産物部においては、新型コロナウイルス感染防止対策として、これまで卸売場でのマスク等着用の義務化や取引方法の変更(せり売を入札又は相対取引へ変更)などの対策を講じてきたところです。

水産物部の取引方法については、市内の感染状況や本市感染症対策本部の方針などを踏まえて、水産物部関係団体と協議を行い、取引方法等を変更しておりますが、今般、特に市場内における1日当たりの新規感染者数が過去最高を記録するなど、顕著な感染の拡大がみられることから、改めて感染防止対策の徹底が急務となっております。

つきましては、令和4年7月21日(木)から7月30日(土)までの間、水産物部の取引方法等を下記のとおり変更します。

1 せり売から入札に変更(9品目)
 変更する品目:「めぬき」、「きんき」、「にしん」、「はたはた」、「チップ」、「ぼたんえび」、「ずわいがに」、「毛がに」、「たらばがに」

 取引時間の変更(6品目)
 変更する品目:「めぬき」、「きんき」(5:25せり開始から5:45開札に変更)
         「にしん」、「はたはた」(5:25せり開始から5:45開札に変更)
         「チップ」(6:20せり開始から5:30開札に変更)
         「ぼたんえび」(5:15せり開始から5:30開札に変更)

※取引方法等の変更期間は、令和4年7月21日(木)から7月30日(土)の間とします。
※取引物品の販売方法別販売開始時刻及び販売条件等の詳細は、「水産物部関係団体あて通知文」別紙1~4をご確認ください。

3 まぐろ売場の入場制限等について
 まぐろ売場は、令和4年6月2日(木)以降入場制限を解除しておりましたが市内及び市場内での感染者数が増加傾向となっており、感染防止対策を徹底する必要があることから、再度入場制限等を行います。
 (1) 卸売業者:せり人、マイク(フェイスシールド又はマスクを着用)、確認書記載者、卸売業者の責任者
 (2) 仲卸業者:せり取引に参加する者と自社の札を入れる者
 (3) 売買参加者:せり取引に参加する売買参加者(1名)
 (4) 仲卸組合:統括理事1名
 (5) 密集・密接状態を避けるため、上記⑴~⑷以外の者はせり開始からせり終了まで、まぐろ売場への入場を禁止する。
 (6) せりに参加する者は、密集状態にならないよう一定の距離を保つこと。
 (7) せり終了後に、まぐろ売場へ入場する際はなるべく密集状態を作らないとともに近距離で会話をしない。

4 その他(詳細は下記「水産物部関係団体あて通知文」を参照)
(1)密集・密接状態を避けるため、指定された以外の者はせり開始から終了まで、まぐろ売場及びへの入場を禁止します。
(2)卸売業者、仲卸業者、売買参加者等は卸売場に入場する場合は、帽子、標識、マスク及び洗浄・消毒した長靴を着用してください。
(3)卸売場での飲食(試食を含む。)は禁止です。
(4)入場前には各社において検温を済ませてください。

水産物部関係団体あて通知文(PDF:256KB)

JAさっぽろから「大浜みやこ」が初入荷しました!

火曜日, 7月 19th, 2022

令和4年7月19日(火)JAさっぽろから「大浜みやこ」が初入荷しました!

「大浜みやこ」は、札幌市の北西部に位置する手稲山口地区で生産されるかぼちゃで、近くの海水浴場である「大浜」にちなんで名付けられました。

水はけのよい砂地で昼夜の寒暖差を活かした栽培により、強い甘みとホクホクとした食感が特長のかぼちゃだそうです。

みやこガール2名も応援に駆けつけてくれました。

最高値は、1ケース(5玉入り)で70,000円のご祝儀価格がつきました!
みなさんも、ホクホクで甘~い「大浜みやこ」をぜひご賞味ください!!!

JAさっぽろではかぼちゃの他にも、すいか(サッポロスイカ)、タマネギ(札幌黄)、キャベツ(札幌大球)、ほうれん草(ポーラスター)、小松菜などたくさんの青果物を生産しています。
札幌市のホームページ内で「札幌の主な農産物」を紹介しています。こちらもぜひご覧ください!

今や高級魚!?「さんま」が入荷しました!

金曜日, 7月 15th, 2022

本日(7月15日)、刺し網漁で漁獲された「さんま」が入荷いたしました!

1ケース(10尾入り、1.1kg)のみの入荷でしたが、せりが行われた卸売場は盛り上がっていました。

そんな「さんま」について、簡単にご紹介。

【さんま】
オイラは夏から秋にかけて、冷たい海でたっぷりと脂肪を蓄えるんだ。そんなオイラは栄養満点!健康な体づくりに大切なたんぱく質やカルシウムのほか、脳の働きを活性化させるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)も多く含まれているんだ!

本日入荷した「さんま」は刺し網漁という漁法で漁獲されたものですが、8月からは棒受け網漁の操業も始まります。

かつては大衆魚として食卓に並ぶことも多かった「さんま」。
近年は漁獲量の減少に伴い、すっかり高級魚となってしまいました。
今年はどのくらい獲れるでしょうか。今後の漁模様にも注目です。

立体駐車場棟1階電動重量シャッター改修業務に係る一般競争入札について

金曜日, 7月 8th, 2022

令和4年7月8日付けで立体駐車場棟1階電動重量シャッター改修業務に係る一般競争入札の告示を行いました。

入札告示(PDF:85KB)
入札説明書(PDF:117KB)
仕様書(PDF:1MB)
入札書(PDF:33KB)
委任状(PDF:24KB)
免税事業者申出書(PDF:33KB)
質問票(PDF:42KB)
契約書(案) (PDF:103KB)

お問い合わせ先
担当:札幌市中央卸売市場管理課管理係
住所:札幌市中央区北12条西20丁目2-1 水産棟4階
電話:011-611-3111 FAX:011-611-3138

札幌市中央卸売市場に勤務する市場関係者の新型コロナウイルス感染状況について

金曜日, 7月 1st, 2022

札幌市中央卸売市場に勤務する市場関係者の新型コロナウイルスの令和4年6月の感染状況をお知らせいたします。
 当市場においては、マスク着用や手洗いの励行、体調チェックなど、感染防止対策を徹底しておりますので、取扱商品への影響はなく、生鮮食料品の供給体制に問題はありません。 (いずれの事案も別個に発生しており、市場内での集団感染は確認されておりません。)

<週別感染状況>
別紙のとおり。

<対応状況等>
● 当市場では感染防止対策に取り組んでいるとともに、既に当該感染者の勤務場所などの消毒作業を実施済です。
● 今後、保健所の指導等により、引き続き関係者による経過観察を行っていく予定です。
● 今後も、保健所ならびに関係事業者と連携を図り、感染拡大の防止に努めるとともに、引き続き必要な措置を適切に講じながら、食料品の安定供給という使命を全うできる体制を確保していきます。
※ 感染者及びご家族等への人権尊重、個人情報保護にご配慮をお願いいたします。
※ 現時点のところ、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。(農林水産省ホームページ)

【お知らせ】青果部における取引方法の変更等について(令和4年6月30日)

木曜日, 6月 30th, 2022

青果部においては、新型コロナウイルス感染防止に係る取引方法等について、市内の感染状況等を踏まえ、令和2年6月1日より段階的に一部品目についてせり取引を再開しておりますが、この度、青果部関係団体と協議した結果、下記のとおり決定いたしました。

1 取引方法の変更について
 令和4年7月4日(月)から当面の間、せり開始時刻及びせり品目を下記のとおりとする。

※色うめは令和4年7月15日頃の初出荷のみ、果菜8番柱せり台にて午前7時30分からせり実施。
※せり品目に、道内ぶどう、かぼちゃ、非結球レタス、とうもろこし、春菊、チンゲン菜、きゅうり、豆類、かき、なしを追加。
※せり品目から、かぶ、アスパラガスを削除。

2 遵守事項等について
 (1) 市場内では、マスクを着用(マスク等をアゴにかけることは不可とする)し、咳エチケット、手洗い、消毒にご協力をお願いします。特に会話、電話等の際には、マスクを口から外さないでください。
 (2) 卸売場へ入場をする際は、必ず指定された帽子及び標識を着用してください。
 (3) 食品の汚染防止のため、素手で直に生鮮食料品に触れないようお願いします。
 (4) 卸売場での飲食(試食を含む。)を禁止します。店舗等での試食については、慎重に判断していただき、提供される場合は、衛生上の細心の注意を払ってください。
 (5) 入場前には各社において検温を済ませてください。発熱、せきなどの症状がある方は、入場させず、休ませるなどの対応をお願いいたします。

青果部関係団体あて通知文(PDF:375KB)

JAきょうわより「らいでんメロン」初入荷!

金曜日, 6月 24th, 2022

令和4年6月24日(金)、JAきょうわより「らいでんメロン」が初入荷いたしました!
※JAきょうわからは、10日前の6月14日(火)に「らいでんすいか」も初入荷しておりますので、こちらの記事も併せてご覧ください。

「らいでんメロン」は、北海道を代表するメロンの1つです。特徴を簡単にご紹介。

【らいでんメロン】
僕の特徴はお友達の「ネギ君」と一緒に成長しているところさ♪
土の中には僕に悪さをする菌がいるんだけど、ネギ君が隣にいることで悪い菌から僕を守ってくれているの。
そのおかげで僕はすくすく成長出来るんだ!

また、らいでんメロンは、

  • らいでんルピアレッド
  • らいでんレッドティアラ
  • らいでんレッド01
  • らいでんレッド113
  • らいでんクラウン

と合計5種類の品種があるそうです。
※らいでんクラウンのみ青肉メロン

道産メロンが増えてきましたが、「らいでんメロン」も是非ご賞味ください!